千葉のアットホームな職場で働ける児童発達支援管理責任者の求人を行っています

エントリーはこちら

事業案内

障がいを持った子供が楽しく過ごせる児童療育施設を運営

OUR SERVICE

障がい福祉事業の一環として、浦安市で児童療育施設を運営しています。障がいを持った子供達が、放課後や学校休業日の時間を安全に楽しく過ごしながら、療育に繋がるプログラムを受けられる環境を整えています。
発達性協調運動障がいを持っているお子様や、運動が苦手なお子様に向けた特別なトレーニングを行うキッズヨガや心身の発達が期待できるボルダリングは、ご家庭で普段の生活を送るなかでは体験させることができないプログラムであると、保護者様からも大変好評いただいています。


子供達を中心にご家族様に寄り添った支援を構築いたします

子供達を中心とした支援を基本として、楽しい環境づくりと成長に合わせた丁寧な個別指導を実施しています。そして、繋がりを持つ人たちがお互いに思いやりを持ち、子供達の成長を見守りながら共通の喜びを感じられるよう努めています。子供達が苦手な事や、抱えている問題はそれぞれ異なります。中には、ご家庭での関わり合い方に迷っている保護者様もいらっしゃいますので、時には接し方や声掛けについてなどの細かいアドバイスも行っています。
保護者様やご家族様、学校や相談支援事業所といった他の機関とも密に連携を取り合いながら、子供達への支援計画を立てています。子供達の遊び相手として、保護者様の良き相談相手として、将来、子供達が自分の夢や希望を叶えていくためのサポートを、スタッフ一同で行います。

遊びながら療育ができる様々なプログラムを提供しています

スタッフがアイデアを出し合いながら構築した療育プログラムは、それぞれ遊びながら学びに繋がる内容となっていて、子供達にも人気です。大きなカテゴリとして、社会的な自立に向けた訓練を行うソーシャルスキルトレーニングと、主に視覚能力の向上を促して思考力や集中力を育むビジョントレーニングに分けられていますが、どのどちらのカテゴリにも属しているのがごっこ遊びの療育プログラムです。
買い物という日常生活では欠かせないシーンの中で、客として買い物をする社会的な自立に繋がる訓練と、店員として応対をする職業体験のどちらも実施することができます。販売する商品の一部は、ビジョントレーニングの一環として、他のお友達が自主制作したものを使い、自分以外が作った制作物を鑑賞する機会も得ています。

就学前は、子供達が身辺自立やコミュニケーション、社会性などを学んでいく時期だと言われています。最も身近な集団である家族との関わり合いで安心感や信頼感を学び、兄弟や友達と一緒に遊ぶことで、ルールやマナー、コミュニケーションの取り方などを学びます。また、見ず知らずの子と触れ合えることもある、公園のような公共の場では、少しずつ道徳性も身に付いていきます。心の成長だけではなく、筋力や骨格も発達する時期となるため、運動をしながら体力を付けることも成長する上で必要です。
そしてこの時期から、物事の習得が遅いと感じるケースも見られるようになってきます。もちろん、成長のペースはそれぞれなので、遅めだからといって障がいを持っているとも限りません。しかし、もし障がいによるものであるのならば、早期から専門知識を持った第三者が児童発達支援を行うことで、子供だけではなく保護者様にも様々なメリットが期待できます。例えば、褒め方や注意の仕方にも、タイプによって効果的な方法がありますので、そういった方法を保護者様やご家族様にも学んでいただくことで、育児の悩みを軽減することにも繋がります。

新着求人

NEW JOBS

パート・アルバイト募集

パート・アルバイト募集

子供たちの療育のお手伝い・送迎・遊びを提供

保育士

保育士

子供たちの療育や遊びを提供

指導員

指導員

子供たちの療育や遊びを提供、個別支援計画の作成補助

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。