児童発達支援管理責任者の求人を千葉県外からもアクセス便利な浦安で行っています

エントリーはこちら

採用ブログ

RECRUIT BLOG

子供達が日々取り組んでいる療育プログラムをご紹介

療育を行う際に最も大切にしているのが、子供達が第一優先であること。療育プログラムへの参加についても、無理強いはせずに子供達のペースに合わせて個別に支援をいたします。無理にプログラムに参加するより、積極性を持って取り組んでいただくことで、より成長を促すことに繋がると考えているからです。
また、スタッフの目線だけではなく、行政や学校、相談支援事業所などの他の機関とも連携しながら、お子様にとって最適な支援計画を構築していきます。

数ある療育プログラムのうち、子供達からも特に人気のあるプログラムを中心に、施設内の様子を写真付きでご紹介します。時には思い切り体を動かし、時にはごっこ遊びに夢中になり、様々な遊びを通して、社会生活に必要なスキルや運動のスキルを身に付けています。室内の側壁に、カラーストーンが大きなインパクトを放つボルダリングでは、最初はストーンに触れるだけで終わってしまっていた子供達も、他のお友達がスイスイと登っていく姿に刺激を受け、自分なりルートを見つけ出してチャレンジしていく姿も見られます。数日後には、足を少しずつストーンに乗せて移動していき、あっという間に上まで登れるようになるケースもあります。
この場合、遊びながら運動のスキルを身に付け、同時に思考力や集中力も育むことができています。ボルダリングは、自分で登った場所を目で確認することで、しっかりと成長しているという事実を自分で感じることもできるので、大変有意義な療育プログラムの一つです。スタッフは、すぐに解決方法を教えるのではなく、自分で積極的に行動するまで見守っていきます。見守られているという安心感もまた、子供達の成長を促す要因になっています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。